サイトの文章はできるだけ長くした方がSEOの効果が高い


検索エンジンは長文の方が内容的に詳しいはずと考える

近年、ウェブサイトのコンテンツはできるだけ字数を多くした方がSEOの効果が高いといわれています。たとえば、400字程度の記事を25本書くよりは1万字の記事を1本書いた方が検索サイトの評価を得られやすいと考えられているのです。なぜ、文字数が多いと評価されるのかというと、内容が濃いという推測が成り立つという理由が大きいでしょう。

検索エンジンのシステムは非常に優秀ですが、サイトに書かれている文章が面白い、あるいはとても役に立つという風に内容を解析できるわけではありません。そのため、文字数をチェックして「多ければ、詳しく書かれている可能性が高く、閲覧者が満足できる可能性も高い」という風に考えて記事の価値を決めているといわれているのです。

閲覧者の滞在時間が長くなるのも評価される

また、文字数が多いと記事の評価が上がりやすい理由がもう一つあります。もし、100字しかない記事であれば、閲覧者はちょっと目にしただけで内容を見切ってしまい、ページから離脱してしまう可能性が高いでしょう。しかし、数千文字の記事なら読むためには何分もかかるため、それだけ離脱するまでの時間も長くなります。

検索エンジンは、「閲覧者がすぐ離脱した場合は、内容的に満足できなかった」「閲覧者が長くサイトに滞在していた場合は、文章をしっかり読み込んでいた」と判断し、後者の方が満足度が高いと考えて高い価値をつけると考えられているのです。

したがってSEOを意識するのであれば、記事のテーマに関連する知識をいろいろと仕入れて、可能な限り長くした方がいいでしょう。もちろん、閲覧者にとって読みやすく、内容的にも満足できるものを書くことも重要です。

ホームページ作成とSEOは、大勢のネットユーザーにサイトを訪れてもらうために大事な作業として捉えられています。