採用試験でお馴染みの適性検査!どんな基準で選べばいい?


適性検査はどう選べばいいか

企業が採用希望者の適性を確認するために行う適性検査ですが、幅広い種類が存在するので選び方が重要です。適性検査を選ぶ基準は実施の目的によって変わります。例えば適性検査を採用希望者の見極めに使用する場合は、ボーダーラインがはっきりしている検査を選ぶ必要があります。ボーダーラインを設定していないと、適性があると判断する基準があいまいになってしまいます。

また、見極めに適性検査を行う場合、全ての受験者が平等な条件で実施出来るものではなければなりません。例えば自宅受験では友達などと相談しながら検査を受けることが出来てしまいます。それは不平等なので採用希望者を見極める試験として相応しいとはいえないでしょう。同日で同内容の適性試験を行うのが平等ですが、その場合は予定を調整する必要があります。

適性検査を惹きつけ目的で使う

採用を希望している人物を選別するために実施されることの多い適性検査ですが、実際には自社への惹きつけのために行われることもあります。適性検査を行い、その人物の向いている部署などを紹介して企業への関心を高めてもらうことが出来ます。惹きつけ目的で適性検査を行う場合、フィードバックが的確な内容を選ぶ必要があります。

また、受検者になるべく手間がかからない手段で行うことも大切です。ややこしい内容の適性検査にしてしまうと受検者が減ってしまう恐れもあるので、内容は慎重に選ぶようにしましょう。適性検査を惹きつけに使用する背景には、少子化によって人材確保が難しくなってきたことがあります。

適性検査は新しく職場や学校に入る際に行われることが多いです。専門的な活動をするのに素質があるのかを判断するための検査です。