電線要らずの新型発電?日光エネルギーを暮らしに取り入れよう!


太陽光発電が一般の家庭に向いている理由

日光のエネルギーを電力に変換する太陽光発電システムは近年になって急速に普及していますが、その多くは一般家庭など小規模な設備が占めています。従来の発電システムは効率性や安定性を保つため、大型のタービン設備が不可欠でしたが、太陽光発電は専用のソーラーパネルを発電設備と共に設置するだけで電力を確保出来るのが特徴です。必要な量だけの発電が可能なことから設備の小型化が容易で、配線設備も基本的には不要なのが一般家庭用の発電に向いている理由です。また、設備は軽量なので住宅の屋根や壁面に設置出来るのも他の発電設備には無い特徴の一つになっています。発電設備の小型化は置き場所を問わず利用出来るメリットに繋がるので、配線の敷設工事が困難な環境でも電力を確保することが可能です。

天候に影響されやすい発電設備を安定して使う工夫

太陽光発電は日光を電力に変換する仕組みになっているので、排気ガスなどの有害な物質が生じる心配がありません。また、配線設備の破損による停電トラブルに巻き込まれないのもメリットの一つですが、その反面、発電量が天候に左右されやすい欠点もあります。特に降雪地域ではソーラーパネルが雪で埋まってしまうことも珍しくありません。ソーラーパネルに不具合があると発電効率が著しく低下するのでこまめなメンテナンスが不可欠になります。家庭用の小型設備ではすべての電力を太陽光発電だけで賄うのは困難なので、従来の発電設備と併用するのが一般的な使い方です。太陽光発電を上手に使うためには専用のバッテリーを導入して蓄電を行うなどの工夫が求められます。

太陽光発電の価格は毎年変動します。売買や買取方法によっても変わるため、契約時にしっかりと確認する必要があります。