誰にでもあるプライバシー!その流出や漏洩はどう防ぐ?


買い物ができるカード

財布…これを持たずに外出する人はいません。財布は一日で何度出し入れされることでしょう。だからこそ財布を落としてはいけないと注意している人は多いはずです。財布に現金だけでなく、クレジットカードも入れている方も多いでしょう。レジで小銭を用意する必要などないクレジットカードは大変便利なものですが、精算時にあらかじめレジの受け皿に置いてしまうというのは無防備です。なぜならカードには専用の番号が刻印されているからです。

キャッシングする際の注意点

ATMは街のどこにでも設置されているので非常に助かります。本人認証するための暗唱番号を入力すれば、本人でなくても現金を引き出すことができます。万が一人に覗かれないように、入力ボタン付近には目隠し用のガードも着いています。キャッシングする時でも、レジで精算する時でも、背後に人がいる場合は気を付けるべきです。刻印されたカード番号や暗証番号が他人に知られてしまうとプライバシーの流出となります。またカードは非常に薄くできているので、失くしたり落としたりしないように注意も必要です。

知らぬ間に使われている…?!

プライバシーの流出や漏洩は、今現在、大きな問題になっています。会社で登録した自分の住所や名前が何かしらの間違いにより漏れてしまったり、ネット上で自分のIDや暗証番号が知らぬ間に使われていたり、名誉棄損や犯罪に関わるトラブルが増えてきています。プライバシーが含まれるデータの送信や所有物の処分などには細心の注意が必要ですし、個人情報を流出させないための対策は、一人ひとりが考えていかなければなりません。

機密文書と言えば、関するすごく重要で秘密保持が必要な文書のことで、機密の度合いのレベルによって取り扱いに違いがあります。