従業員の規模に合っているものを使おう!!不正防止の限界も知ろう!!


システムが企業規模に合っているかどうか

勤怠管理の方法としてタイムレコーダーとタイムカードを使う手法があります。打刻は機械で行われるものの、差し込むのはそれぞれの従業員が行います。集計なども従業員がするものもあり、原始的な部分もあります。その代り、規模に関係なく導入ができます。アルバイトが中心であったり、全国に多くの社員がいるような会社でも統一的な導入が可能です。タイムカードアプリは、打刻をアプリを通じて行うシステムです。タイムカードを使わないので不正などが起こりにくいなどのメリットがあります。ただ、システムなので対応規模などがあります。あまり多くの社員がいたり、複雑な勤務体系の従業員が多いところでは、業務が逆に煩雑化してしまうときもあります。

打刻のタイミングをどうやって認識するか

タイムレコーダを使う勤怠管理は、ダイムカードの打刻を押すタイミングがいつになるかで行われます。通常は出勤時と退勤時に打刻しますが、他人のタイムカードと間違って打刻したり、代理での打刻、残業しているのにしていないように早めに打刻するなどがあります。それらの問題を解決できるとしてタイムカードアプリが勧められます。注意としては、必ずしもすべての問題が解決できるわけではありません。誤って他人のタイムカードを押すなどはないでしょうが、代理打刻は不可能ではないでしょう。残業しているのに残業をしていないように打刻するのも不可能ではありません。もちろんシステムによってはそれらの不正ができないものもあります。

従来タイムカードは紙が主流でしたが、それをスマホやタブレットでアプリ化したものがタイムカードアプリです