社員研修で仕事にモチベーションアップしましょう


社員研修は必要だから行うのです

社員研修は、わざわざ勤務時間に本来の業務以外に必要なことを身に付ける必要があると判断されるから行われるのです。ですから、決してこの時間を気分転換や遊びの時間と捉えてはいけません。自分なりに充実した社員研修にするために、パソコンで研修の要点を押さえて、後日、振り返って自分の物にするぐらいの覚悟が必要です。社員研修は年間に何度か行われるでしょう。それを真面目に取り組むか、いい加減な態度で参加するかによって後で大きな差がつきます。何よりも自分のためにも社員研修は実りの多い研修にしておくことが大切です。

社員研修は必要なら録音、録画を

社員研修では、ためになる講師の話が聞けることがあります。会社も謝礼を奮発して、良い講師を選定して社員に奮起を図ろうとします。そんな場合は、デジカメやスマートフォンなどで録音や録画して再度家で聞き直して自分の物にしようとする熱心な社員もいます。こういう社員は伸びる社員で、上司はさりげなくこの日のことを話題にし、それについて答えられる社員については一目置くようになります。社員教育は、会社のために一生懸命に働いてくれる社員を育成する場でもあるのです。ですから、会社が選んだ講師はそれなりの意味があり、会社にとっては大きな影響のある人物とも言えます。

社員教育を積極的に受けましょう

受けるのが任意の社員教育もあります。しかし、業務時間内に行われる社員教育にはできるだけ参加することが大切です。後で仕事がたまってしまうからと不参加ばかりしていては時代に取り残されて行きます。社員教育によって最新の情報にも触れることがあるので、自分にとってプラスになることが大きいです。

管理職研修とは昇格により新しく管理職に就いた人に対して行われる教育プログラムのことをいいます。部下の指導や育成方法、業務のマネジメントスキルを学びます。