どうやって新しい市場に対応する?地域に進出するときはどうする?


新しい市場に進出するときに利用する

一つの会社が同じビジネスで経営をするのは簡単ではありません。ある時に利益が出たとしても、そこにビジネスがあれば競合が現れます。競合すれば価格競争などになり、それまでのように利益が出なくなります。新しいビジネスであれば、新たに市場を開拓して利益が得られる可能性があります。新しいビジネスをするにはそれを売り込むための営業活動が必要です。それまでの営業と同じ方法でいい時もあれば、異なる方法を取らないといけないときもあります。そこで営業代行の利用を検討します。ビジネスごとに適した営業方法を取ってもらえ、そのノウハウを在籍する営業担当者などにも教えてもらえます。一から行うより、売上が上がりやすく、シェアも広げやすいメリットがあります。

新しい地区に進出するとき

会社を立ち上げる時、営業活動をして売り込みをしていきます。社員が少ない時に広い範囲で営業を行うと、顧客対応が難しくなります。最初は東京のみ、関東地方のみなど一部の地域で実績を上げていくのが良いかもしれません。そのうち顧客からの紹介などで他の地域の客を紹介してもらえるようになります。拠点を広げる必要ができ、本社とは異なる地点で営業所を設けます。営業所を設ければその地域で一定の売上を上げる必要がありますが、最初は地域特性などが分からず苦戦します。そこで、それぞれの地域に強い営業代行サービスを利用します。地域特性を知り尽くしているところであれば、地域ごとの商習慣や業界情報に合わせた営業活動を行ってくれます。

営業代行に求められるのは、しっかりとした結果をもたらすことです。成果をあげることによって、期待値が更に上昇することになるでしょう。